1. ホーム
  2. プログラミング学習法
  3. ≫主婦(ママ)でも未経験からプログラマーになれる!稼げるワーキングママになる方法

主婦(ママ)でも未経験からプログラマーになれる!稼げるワーキングママになる方法

ママプログラマー

産休・子育て・専業主婦。自宅にいながら働いてしっかり稼ぎたいという女性(ママ)は多いと思います。

自宅にいながら1日数時間なんてほとんど稼ぎにならないのでは?と思うかもしれませんが、プログラマーなら可能です。1日数時間の作業で月に5万円、10万円稼ぐ人もいます。本格的に仕事としてる人もいます。

プログラマーと聞くと難しいというイメージがありますが、やってる内容は難しくありません。WEBサイトを修正したり、画像をデザインするのもプログラマーのお仕事です。

このページでは

  • なぜママプログラマーが稼げるのか?
  • 未経験でもプログラミングスキルを身に付ける方法
  • プログラミングの仕事の見つけ方

をご紹介します。

なぜママプログラマーが稼げるのか?

なぜママプログラマーが稼げるのでしょうか?

プログラミングの需要がある

まず第一に「プログラミングの仕事の需要がある」というのがあります。

先ほども言ったとおり、プログラミングの仕事とはプログラムを作る(コーディングする)だけではありません。

WEBサイトの修正や確認、デザインなどの仕事もプログラマーの仕事です。そしてそういった仕事は世間にいっぱいあるけど、わざわざ社員を担当にしてガッチリやるものではありません。

だからママプログラマーに需要があるんです。

企業から仕事が振りやすい

先ほども言ったとおり、数時間で終わる作業というのはたくさんあります。それをまとめてフルタイムの正社員に振るのは効率が悪いことです。

  • 企業は時間単位で仕事が発注できる
  • ママプログラマーは時間単位で仕事を受注できる

企業としては効率良く発注できるし、ママプログラマーも気軽に受注できます。だからこそお互いwin-winで需要がどんどん多くなっているんです。

時給が高い

ママプログラマーの時給は、一般的なパート・アルバイトに比べるとかなり高額です。仕事によっては時給2,000円、3,000円は当たり前の世界です。

自宅にいて(在宅で)どんなバイトよりも稼げる仕事なら、ママプログラマーにならない手はないですよね。

どんなプログラミングスキルに需要があるのか?

当サイトで何度も言っていることですが、プログラミングスキルは言語を覚えるかどうかです。なので、すべてのスキルで難しいということはありません。

ただし、それでも習得度に難易度があります。

代表的なプログラミングスキル 習得難易度
WEBサイト制作/修正 HTML/CSS/WordPress かなり簡単
デザイン
画像加工
フォトショップ/イラストレーター 簡単
システム制作
コーディング
Ruby/Javaなどのプログラミング言語 ちょっと難しい

この中で簡単に習得できるのが、WEBサイト制作に使用するHTML/CSS/WordPressです。そしてママプログラマーの需要が一番多いのもHTML/CSS/WordPressの技術を使った仕事になります。

サイト制作にママプログラマーの需要が多い

WEBサイト(ホームページ)の作成には、今はWordpressという技術(サービス)が使われるのが一般的です。そして、サイトの制作や修正にはHTMLとCSSが使われます。

このスキルは正確に言うとプログラミングではありません。そのため、サイトの表示を見ながら調整したり修正できるので、誰でも簡単に学ぶことができます。

そしてHTML/CSSを扱う仕事に需要が多いんです。

WEB上で完結する仕事に需要がある

次に多いのが、画面のデザインや画像の加工・修正。そして簡単なプログラミングのお仕事です。

これらの特徴として、WEB上(ネットのやり取りだけ)で完結するという身軽さがあります。だから在宅であるママプログラマーに対する需要が多いんですね。

未経験でもプログラミングスキルを身に付ける方法

プログラミング未経験の主婦でも仕事に使えるスキルが身につくの?と思うかもしれませんが、プログラミングスキルは未経験の主婦でも身につけることが可能です。

先ほども言ったとおり、プログラミングスキルは言語を覚えたり、アプリを使った経験があるかかどうかなので、勉強すれば誰でも独学で習得が可能なんです。

プログラミングスキルを身に付ける方法にはいくつかあります。
それぞれのメリット・デメリットとあわせてご紹介します。

書籍で勉強する方法

書籍(本)で勉強するメリットは、あまり費用をかけずに基本的な勉強ができることです。体系化されて順序よく学べる参考書や入門書もあるので、基本を一から学ぶことができます。

デメリットは、わからない部分があったときに自分一人の力で解決しなければならないこと。参考書を見ながらプログラミングしたりデザインを作るのですが、一人だとわからない部分を理解するために大きな時間を消費してしまいます。

WEBのサイトを参考にする方法

WEBサイトは基本的に無料で学ぶことができます。また、自分の学びたいポイントやわからないポイントを細かく検索することで答えが見つかることもあります。

デメリットは、基本を体系立てて学べないこと。また仕事に通用するレベルの技術が身につきにくいことです。

プログラミングスキルは、実際に動くものを作成しなければ身につきません。書籍やWEBサイトでの学習で言えることですが、初心者が自分ひとりで作りたいものを決めて最後まで作成するのは、かなりハードルが高いことです。

プログラミングスクールで学ぶ方法

やはり、一番おすすめしたい方法はプログラミングスクールで学ぶ方法です。

人にプログラミングを教える専門家が、初心者・未経験者でもわかりやすく効率的にプログラミングスキルを教えてくれます。専門のプロ作った教材や課題だから、最短ルート(短期間)で仕事ができるレベルまでプログラミングスキルが向上するんです。

デメリットはお金がかかることですね。どうしても少し高額な費用が発生してしまいます。

ですが、プログラミングスクールで学ぶことで、仕事を受注するときに大きなアドバンテージになります。独学で学んだというよりも説得力がありますよね。実際に仕事を受注する企業は、相手が初心者の場合プログラミングスクールで学んでいるかどうかを重視します。

また、短期間で確実に仕事ができるレベルまで向上するので、スクール分の費用はすぐに回収できます。

最初の費用は抑えたいという人には、無料で学べるプログラミングスクールや、転職や就職に成功したら全額返金されるプログラミングスクールもあります。

主婦(ママ)向けのプログラミングスクール

未経験の主婦(ママ)でも短期間でプログラマーになれるプログラミングスクールをいくつかご紹介します。

テックアカデミー(TechAcademy)

テックアカデミー

完全オンライン型のプログラミングスクールで、産休・子育てで外に出ることができないというママにおすすめのスクールです。

レベルの高い現役プログラマーが講師なので、わかりやすく質の高い学習が可能です。個人の理解度(進捗)に合った課題を提示してくれるので、短時間でスキルがグッと身につきます。

コースも多彩で、HTML/CSS、デザイン、RubyなどWebプログラミングといった中から自分の学びたいスキルに合ったコースが選べるのもテックアカデミーならではです。

ママとしてプログラマーを目指す、実際に在宅ワーク(在宅ママプログラマー)を目指すなら、テックアカデミーが一番のおすすめです。本格的な入会前に無料体験できるのも良心的です。

テックアカデミーの無料体験はこちらで申し込めます

 

ウェブキャンプ(WebCamp)

WebCamp Woman

ウェブキャンプは「WebCamp Woman」という主婦(ママ)向けのコースがあるプログラミングスクールです。

未経験での主婦(ママ)でも学びやすく仕事の需要も多い、HTML/CSS/WordPressといったスキルが学べます。

受講者のほとんどがプログラミング未経験者ですが、卒業後はママプログラマーとして一人で仕事を受注できるほど成長しています。

1日2時間程度など、ママが学びやすいカリキュラムで勉強できるので、子育てや家事で忙しい人でも無理なく学べます。もちろん短時間でもしっかりプログラミングスキルは身につきます。

こちらも無料相談・無料体験が受けることができるので、まずはそちらで感じをつかむのもいいでしょう。

ウェブキャンプの無料体験はこちらで申し込めます

 

プロエンジニア(ProEngineer)

プロエンジニア

完全無料のプログラミングスクールといえばプロエンジニアです。

企業が協賛しているスクールなので、無料ですがその授業内容は有料スクールと比べても遜色ありません。短期間で仕事で通用するまでのプログラミングスキルが身につきます。

基本はスクールに通いながら学習していきますが、コースによっては家にいながらスカイプでのサポートもあります。

ただし、最終的な目的が企業への就職や転職が主なので、在宅で仕事を受けたいママプログラマーにはカリキュラムが少し不向きな部分もあります。もちろん、実際にIT企業への就職を考えているママなら言うことありません。

費用を抑えてプログラミングを学びたいママにおすすめです。

プロエンジニアの無料体験はこちらで申し込めます

 

プログラミングの仕事の見つけ方

ママプログラマーとしての仕事の見つけ方をご紹介します。

企業へのエントリー・就職活動

もっとも昔からある方法なら、自分で企業へのエントリー・就職活動することです。

ですが、この方法は未経験のママプログラマーが仕事を受けるにはかなりハードルが高い方法です。特に「在宅で」となると可能性はかなり限られるでしょう。

プログラミングスクール経由で仕事を受ける

プログラミングスクールでは、卒業後に仕事や就職のサポートをしてくれます。ほとんどのスクールで導入していて、仕事の受注率・企業の採用率もかなり高いです。

自分の学んだジャンルやスキルに合わせて探してくれるので、プログラミングスクールでスキルを学ぶ→ママプログラマーとして在宅ワークするという人にも人気です。

クラウドソーシングサービスで仕事を受ける

クラウドワークスやランサーズなど、ネット上の仲介サイトで仕事を受けることができます。ママプログラマーにとっては一般的で一番仕事が受けやすい(稼ぎやすい)方法です。

今、クラウドソーシングサービスを使って仕事を依頼する企業はかなりあります。ネット系の会社ならほとんどが利用しているでしょう。

仕事の内容は

  • ライティング(記事作成)
  • WEBサイトの制作・修正(HTML/CSS/Wordpress)
  • デザイン・画像作成(フォトショップ/イラストレーター)

が多いです。
WEBサイトの制作やデザインなどはある程度スキルが必要なので、単価も高く仕事も多いです。

プログラミングスクールで学んだ実績があれば、スキルにプログラミングスクールで学んだことが記載できます。それを見て仕事を発注する人も多いので、プログラミングスクールで学んだことが仕事を受ける上で大きなアドバンテージになります。

ママプログラマーになるためのまとめ

プログラマーは人手不足なので、結婚・産休・育休で職場を離れても復帰しやすい、仕事が見つかりやすいというメリットがあります。

そのため、一度プログラミングスキルを身につけると、在宅ワークとしてはもちろん、子育てや家事が忙しくなくなってから本格的に仕事として働けるメリットもあります。

特に、今回おすすめしたWEBサイト制作やデザインなどの仕事は、これから先まだまだ需要があり増えていく仕事です。ぜひ、時間を有効的に活用してプログラミングスキルを学んでください。

楽しく短時間で高額の報酬を稼ぐことができるようになりますよ!

在宅で稼ぐにはプログラマーほどいい仕事はありません。需要も多い業界だし、誰でも最初は初心者で家で稼ぐようになってます。ぜひチャレンジしてみてください!

主婦(ママ)におすすめのプログラミングスクールをもう一度見てみる

よろしければシェアをお願いします。