1. ホーム
  2. プログラミングスクール
  3. ≫コードキャンプ(CodeCamp)ってどう?口コミの評判・料金・特徴まとめ

コードキャンプ(CodeCamp)ってどう?口コミの評判・料金・特徴まとめ

コードキャンプの口コミと評判

コードキャンプ(CodeCamp)は「効率的に学びたいあなたに、最も確実なプログラミング学習を」をモットーにした、オンライン型のプログラミングスクールです。

  • Webだけで学べるオンライン型スクール
  • 経験豊富な講師でレベルが高い
  • WEBアプリ・WEBサービス・スマホアプリ・デザインなど流行りのスキル

といった特徴があり、人気のあるプログラミングスクールです。

このページでは、公式サイトを見ただけでは少しわかりにくいコース内容の説明をわかりやすく解説し、コードキャンプの特徴・料金・コース・どんな人におすすめなのか?と、実際の口コミや評判をご紹介します。

また、同じオンライン型のスクールとして人気のある「テックアカデミー(TechAcademy)との比較」もあるので、ぜひご参考にしてみてください。

コードキャンプ(CodeCamp)特徴

オンライン型プログラミングスクールで勉強しやすい

オンライン型プログラミングスクール

コードキャンプは、オンライン完結型のプログラミング学習サービスです。

教室への通学が不要なので、仕事や学業と両立しながら効率よく時間を有効活用して確実に学ぶことができます。

自分の好きな日に自宅でもどこでも学習できるので便利です。

経験豊富な現役エンジニアによるマンツーマンレッスン

レベルの高い講師

なんと言っても「レベルの高い講師陣」がコードキャンプの魅力です。

  • 経験豊富な現役のプログラマー・エンジニア
  • マンツーマンレッスン形式

現役で仕事をしているプログラマーやエンジニアなので、プログラミングの基礎はもちろん、現場でしか気が付かない実践的なテクニックや知識を教えてくれます。

また、わかりにくい部分・つまづきやすい部分も経験者が教えてくれるので理解が早いです。

わかりやすくてレベルの高いカリキュラム

わかりやすい教材

わかりやすい教材・レッスン内容もコードキャンプの魅力です。

コードキャンプのカリキュラムは、学習理論に基づいた習熟度の高い学習メソッドで構成されています。

プログラミング教育専門のラーニングデザイナーが、未経験に最適化した学習設計を実施、実際に大手IT企業のエンジニア育成研修で使用されたカリキュラムをベースに作られているので、より実践的でよく使うスキルを効率よく学べるカリキュラムになっています。

気軽にできる無料体験はこちらのページから

システム(仕組み)

オンライン(ネット)のみでできるスクール

コードキャンプは、オンライン完結型のプログラミング学習サービスです。
教室に通う必要はなく、ビデオ通話によるオンラインレッスンを行います。

パソコン1台とインターネット環境で、レッスンの受講~課題制作~課題添削までを完結できるので、場所・時間を問わず受講が可能です。

レッスンの環境

オンラインレッスン受講の際は、Googleのビデオ通話アプリ「ハングアウト」を利用するため、

  • PC(パソコン)
  • ネット環境
  • googleハングアウト

が必要です。

googleハングアウトは、googleアカウントの登録(無料)およびハングアウトのインストール(無料)があればOK。

またビデオ通話を行う上で、WEBカメラやヘッドセットが必要な場合もありますので、これらがパソコンに内蔵されているか?事前に環境を確認しておきましょう。

レッスンの内容

オンラインレッスンの内容は以下のとおりです。

  • 現役プログラマーによるマンツーマン
  • 完全な個別レッスン形式
  • 1レッスン:40分

講師は毎回指名します。前回と同じ講師を指名することもできるし、違う講師でもレッスン内容の引き継ぎがしっかりしているので、講師によるレッスン内容の差はありません。

なお、各コースにより到達目標は変わりますが、非エンジニアとして一定レベルのスキルを習得したい方からエンジニアとしての就職転職を目指す方まで、各レベルに応じたカリキュラムを提供しています。

<レッスンの様子がわかる紹介動画>

レッスンの受講日時

オンラインレッスンの受講日時は、365日/朝7時~夜23時40分or24時まで可能です(コースによって異なる)

場所や時間を問わず、都合が良い時間帯にレッスンを受けることができます。

またレッスンの当日予約・当日変更も可能で、予約のキャンセルはレッスン開始の2時間前までなら可能です。

気軽にできる無料体験はこちらのページから

どんな人におすすめなのか?

コードキャンプは以下のような人におすすめです。

  • 時間を有効活用したい方(オンライン完結型のプログラミング学習サービスで、教室への通学が不要)
  • より実践的なスキルの習得につなげたい方(現役エンジニア講師による完全マンツーマンレッスンで、現場ならではの実用的なテクニックを教わることが可能)
  • 非エンジニア職でもWebの知識を得たい方(完全マンツーマンで初心者でも丁寧に効率よく学べる)

また、プログラミング学習の目的に応じて選べる幅広いコースが揃っているため

  • 幅広い言語をお得に学びたい方
  • 初心者から作れるスキルを身につけたい方
  • 未経験からエンジニアを目指したい・転職したい方

におすすめです。

次の章では「こんな人にはこのコースがおすすめ!」という視点から、コースの種類と内容をご紹介します。

コースの種類と内容

コードキャンプで受講できるコースは、プログラミング学習の目的に応じた全部で9コースとなっています。各コースの種類やそれぞれの特徴は以下のとおりです。

幅広い言語をお得に学びたい人向け

プレミアムプラスコース

プレミアムプラスコース

全てのカリキュラム・レッスン受け放題のコースです。

料金は一番高いコースになりますが、全言語のレッスン回数が無制限で受講できる学び放題なので、とことんスキルを身につけたい・絶対にプロフェッショナルなりたい人におすすめのコースです。

プレミアムコース

プレミアムコース

必要なところだけ必要な時に選んで習得できるコースです。

マスターコースの受講料+3万円で全言語を受講できるお得なコースで、学習の進め方を自由に決められます。複数のプログラミングスキルを身につけたい人にお得なコースです。

対象言語

どちらのコースでも、コードキャンプで受講できる全ての言語・フレームワークを学ぶことができます。

  • フロントエンド:HTML5/CSS3、JavaScript、Bootstrap
  • アプリ:Swift、Android
  • サーバーサイド:PHP、MySQL、Ruby、Ruby on Rails、Java基礎、Java応用、Javaサーブレット
  • デザイン:Photoshop、illustrator

※補足事項
どちらのコースとも、レッスンの開校時間は、朝7時~夜23時40分までです。

初心者からスキルを身につけたい人向け

Webマスターコース

Webマスターコース

未経験からWeb制作・Webサービス開発をマスターするコースです。初心者でも一からプログラミングを学び、ECサイト等のWebサービスを開発できるスキルが身につきます。最終課題ではPHPを使ってオリジナルECサイトを制作するめ、より実践的な技術習得ができます。マスターコースの中では人気No1のコースで、プログラミング初心者でも学びやすく、webの基本をマスターするのに最適です。

対象言語
  • フロントエンド:HTML5/CSS3、JavaScript
  • サーバーサイド:PHP、MySQL

デザインマスターコース

デザインマスターコース

イチからWebデザインを学ぶコースです。実用的なWebデザインやその制作スキルが身につきます。HTML5/CSS3やJavaScriptを使って美しく見やすいwebサイトをデザインできるようになることで、実際のwebサイトに反映するためのスキルを取得できるため、副業・在宅ワークにも使えます。またPC・モバイル一手に対応できるレスポンシブデザインを学べます。

対象言語
  • フロントエンド:HTML5/CSS3、JavaScript、Bootstrap
  • デザイン:Photoshop、illustrator

Rubyマスターコース

Rubyマスターコース

人気の言語Rubyを使ってWebサービス作成スキルが身につくコースです。HTML/CSSを使ったWebサイト制作~Ruby on Railsを使ったアプリケーション開発までWeb開発全般の幅広い知識が身につきます。実際に画像投稿サイト・フリマサイトなどを制作し、より実践的な技術習得ができます。日本発のスタートアップで使われることが多い開発言語Ruby、コーディングがシンプルで初心者向けです。

対象言語
  • フロントエンド:HTML5/CSS3、JavaScript
  • サーバーサイド: MySQL、Ruby、Ruby on Rails

アプリマスターコース

アプリマスターコース

スマートフォンのアプリ開発を学ぶコースです。iphoneおよびAndroidで動作するニュースアプリなど、スマートフォンで使えるアプリを開発するためのスキルが身につきます。アプリ作成の基礎~実践までを習得でき、自作のアプリを公開するためのスキルも習得できます。またiOS/Android両方のアプリ開発を学ぶことができます。

対象言語
  • アプリ:Swift、Android
  • サーバーサイド:JAVA基礎

Javaマスターコース

Javaマスターコース

Javaの基礎から実践までの応用スキルを習得するコースです。顧客情報管理・商品情報管理といったJavaを使ったwebアプリケーションを開発できるようなスキルが身につきます。最終課題ではJavaを使って社員情報管理システムを開発するため、より実践的な技術習得ができます。企業研修でも人気のコースで、現役Javaエンジニアが多数在籍しています。

対象言語
  • サーバーサイド:JAVA基礎、Java応用、Javaサーブレット

※補足事項
どちらのコースとも、レッスンの開校時間は、朝7時~夜23時40分までです。

未経験からプログラマーとして就職/転職したい人向け

エンジニア転向コース(CodeCampGATE)

エンジニア転向コース

ホンキの20代のためのIT/Web業界転職に向けたコースです。

社会人経験のある30歳未満が対象で、多くの企業のWebサービスで活用されているプログラミング言語を基礎から習得、他プログラミング言語にも応用可能な考え方を学び、IT/Web業界のエンジニアとして活躍するための基礎力を鍛えます。

2ヶ月の集中受講・現役エンジニアによるオンラインマンツーマンの徹底的なプログラミング指導・専属キャリアアドバイザーによる転職支援(キャリア相談・学習相談が無制限)により、未経験からIT/Web業界のエンジニアへの転職に向けて強力にサポートします。

  • 対象:30歳未満の社会人経験のある人(年齢は相談可)
  • 2ヶ月の集中講義(現役プログラマーのマンツーマンレッスン)
  • キャリアアドバイザーによる就職支援

エンジニア新卒コース(CodeCampGATE2019)

エンジニア新卒コース

2018・2019卒の内定獲得サポートに向けたコースです。

2018年2019年卒業予定の大学生が対象で、多くの企業のWebサービスで活用されているプログラミング言語の基礎を習得、そして他プログラミング言語にも応用可能な考え方を学び、IT/Web業界のエンジニアとして活躍するための基礎力を鍛えます。

2ヶ月の短期集中・現役エンジニアによるオンラインマンツーマンの確実なプログラミング指導・専属キャリアアドバイザーによるエンジニア就活支援(企業選びアドバイスや選考対策・求人紹介などが無制限)により、新卒でのエンジニア就活を確実に成功させるようサポートします。

  • 新卒就職向けのプログラミングコース
  • プログラマー・エンジニアとしての就職を有利に
  • キャリアアドバイザーによる就職支援
対象言語

どちらのコースでも、同様の内容(学習カリキュラム:PHPマスター)となります。

  • フロントエンド:HTML5/CSS3、JavaScript/jQuery
  • サーバーサイド:PHP、MySQL

※補足事項
コードキャンプは、実績No1のオンラインプログラミングサービスで、大手IT企業の新入社員向け研修として多数の実績があります。また現役エンジニアによる質の高いマンツーマンレッスンが、多くの企業で導入されています。

どちらのコースも、レッスンの開校時間は、朝7時~夜24時までです。

気軽にできる無料体験はこちらのページから

期間限定コースは3つ

pythonデータサイエンスコース

注目の言語Python(パイソン)をイチから学べるコースです。

データ処理で業務効率化・AI開発に挑戦できます。

WordPressコース

本格的なサイトを専門知識ゼロから作れるワードプレスを学ぶコースです。

WEBサイト制作やプログラミング経験のない方でもワードプレスでサイトを構築するためのスキルを身に付けられます。

Unityコース

プロも使っているUnityで、プログラミングが初めての人でもゲーム制作にチャレンジできるコースです。

Unityの機能とゲームを作るための知識が身につきます。簡単な2Dゲームの制作からスタートして徐々に難しいゲームへの発展していきます。

受講料と入学金(料金)

コードキャンプで受講できるコースの受講料や入学金は、以下のとおりです。

受講料(レッスン料)について

プレミアムプラスコース・プレミアムコース・マスターコース

2ヶ月プラン
短期間で集中的に習得するプラン
4ヶ月プラン
無理なく自分のペースで進めるプラン
6ヶ月プラン
仕事や学業と両立した人向けプラン
プレミアムプラスコース 398,000円
レッスン回数無制限
498,000円
レッスン回数無制限
698,000円
レッスン回数無制限
プレミアムコース 248,000円
レッスン20回
348,000円
レッスン40回
398,000円
レッスン60回
マスターコース 148,000円
レッスン20回
248,000円
レッスン40回
298,000円
レッスン60回

※プレミアムプラスコース:受け放題の期間延長は不可ですが、期間終了後は1レッスン5,000円でレッスンを追加購入・受講できます。
※プレミアムコース:受け放題の期間延長は1ヶ月30,000円(税抜)2ヶ月70,000円(税抜)、また受講回数も追加レッスン1回ごとに購入可能です。

エンジニア転向コース・エンジニア新卒コース

2ヶ月プランのみ

  • エンジニア転向コース:198,000円(レッスン回数30回)
  • エンジニア新卒コース:98,000円(レッスン回数30回)

  • 就職成功で、全額キャッシュバック
  • 30,000円で期間の延長が可能(ただしキャッシュバックの対象外となります)
  • コードキャンプの就職・転職サポートに登録(追加費用0円)しておくと、転職成功時にお祝い金10万円!

入学金について

入学金は10,000円です。

入学金については、無料キャンペーンを実施していることもあるので、ぜひ公式サイトで確認してみてください。

気軽にできる無料体験はこちらのページから

コードキャンプとテックアカデミーの比較

コードキャンプと同じく、オンライン型プログラミングスクールで有名な「テックアカデミー(TechAcademy)」との比較を簡単にご紹介します。

料金とコースの比較

(例)Webアプリケーション開発のコース比較

コードキャンプ
CodeCamp
テックアカデミー
TechAcademy
1ヶ月コース なし 社会人:129,000円
学生:89,000円
2ヶ月コース 148,000円
レッスン20回
社会人:179,000円
学生:119,000円
3ヶ月コース なし 社会人:229,000円
学生:149,000円
4ヶ月コース 248,000円
レッスン40回
社会人:279,000円
学生:179,000円
6ヶ月コース 298,000円
レッスン60回
なし

同じカリキュラムのコースで単純に料金だけ比較するとコードキャンプの方が安くなります。

ただし、たとえば2ヶ月コースの場合コードキャンプの場合はレッスン回数が20回、月10回ペースです。テックアカデミーは基本的に受け放題です。コードキャンプにも受け放題コースがありますが料金は高くなります。

授業の質の比較

授業の内容に遜色はありません。どちらも経験豊富なプログラマーが講師となっているので、初心者でも最短ルートでプログラミングスキルを習得することができます。

ひとつだけ大きな違いと言えば、スクール終了後にコードキャンプは教材が使用できなくなります。対してテックアカデミーはスクール終了後でも教材が閲覧できます。

今では、テックアカデミーもコードキャンプも終了後も全ての言語の教科書が閲覧できるようになりました。

カリキュラム・学べるスキルなどその他の比較を詳しく見たい方は、ぜひ以下の比較ページをご参考にしてみてください。
コードキャンプとテックアカデミーの比較はこちら

気軽にできる無料体験はこちらのページから

コードキャンプの特典・キャンペーン

コードキャンプでは、いくつかの特典があります。これから簡単にご紹介しますね。

無料会員登録による特典や、体験レッスン

無料会員に登録すると、体験レッスンは無料で受講でき、経験豊富な現役エンジニア講師からプログラミングの効率的な学び方や、コードキャンプでのオンラインレッスンでの学習の進め方などを体験、気になる点があれば気軽に質問することも可能です。朝7時~23時40分までなら、場所を選ばず受講できます。

さらに無料体験レッスン受講で、割引クーポン1万円分をもらえます。

無料会員に登録するには、メールアドレス・Googleアカウント・Facebookアカウント・Twitterアカウントのいずれかが必要です。

受講生特典のプレゼント

受講を開始すると、受講生特典プレゼントもあります。(2018/12/6時点では、クラウドテックからの求人案件紹介・ギークスジョブからのお仕事紹介・Web辞書サービスのコンテンツ使い放題・ゼロワンインターンからの有給インターン求人紹介など)

お友達紹介でAmazonギフト券プレゼント

コードキャンプ会員の方からの紹介で、お友達が有料登録すると、お2人に10,000円分のAmazonギフト券をプレゼントしています。新規受講生のお申込みに限ります。

転職成功時にはお祝い金10万円

コードキャンプ受講者限定で、就職・転職サポートも実施しています。内定決定まで最短1週間、専任キャリアアドバイザーが入社までサポートしてくれるので、受講時の制作物を効果的にアピールできます。追加費用0円で簡単に登録でき、転職に成功したらお祝い金10万円をもらえます。

教育訓練給付金制度で、受講料の最大約6万円を支給

コードキャンプの教育訓練給付制度対象コースは、「Webマスター6ヶ月プラン」「デザインマスター6ヶ月プラン」の2つです。他にも対象となる条件がありますが、受講料の最大約6万円を支給してもらえます。

小中学生のためのプログラミングスクール「CodeCampKIDS」

コードキャンプでは、小中学生のためのプログラミングスクール「CodeCampKIDS」を開校(教室あり)しています。知的探求心あふれだす子どもの可能性を広げるプログラミングレッスンで、無料体験授業も実施中です。ちなみに今後、2020年に小学校にてプログラミングが義務教育化、2021年には中学校、2022年には高校で拡充予定です。

気軽にできる無料体験はこちらのページから

コードキャンプの口コミと評判

当サイトの問い合わせ、ツイッター・Yahoo!知恵袋・教えて!gooなどで集めたコードキャンプの口コミと評判をご紹介します。

ライターだけど、無料レッスン受けてみました!オンラインだから、子育て中でも受講しやすい。自分でサイト作れたらお仕事の幅も広がりますよ
-女性・子育て中

私は現在マスターコースで、HTML5/CSS3を終えてJavaScriptを受講中です。感想としては、マンツーマンということもあって、動画学習サービスや書籍と比べて非常に理解し易いです。
-男性・会社員

プログラミングはCodecampを利用していますが、今思うとTechAcademyのほうが良かった。テックアカデミーのチャットサポート最強としか言いようがない。
-男性・学生

講師の先生に関しては、他のマンツーマン英会話などのサービスにも言えると思うのですが、やはり先生によって相性の良し悪しは正直あります。なので最初は自分にあった先生を探してみても良いかもしれません。
-男性・会社員

完全オンラインタイプなので、まとまった時間がとれない会社員や主婦の方に人気がありますね。またオンラインでのマンツーマン指導も理解が深まって効率的に学べるといった評判が多いです。

一方でマンツーマン学習では、現役のプログラマー・エンジニアが初心者に教えるための教育を受けて教えていますが、合う合わないがあるみたいですね。

システムや講師の質については、事前に無料体験が受けられるので、そこで試してみるといいでしょう。現役プログラマーの私が無料体験を受けた感想としては、講師のレベル・教え方は申し分なかったですよ。

気軽にできる無料体験はこちらのページから

コードキャンプの評価のまとめ

プログラマーのコードキャンプの評価:4.5/ 5点

テックアカデミーのコースの内容・口コミ・評判・料金について詳しくご紹介しました。

オンライン完結型のプログラミングスクールで、自分の好きな時に好きな時間プログラミングの勉強ができるのがメリットです。

マンツーマン指導の講師がレベルの高い現役プラグラマーなので、時間をロスすることなく効率的に学べるのも、短期間でプログラミングをマスターできる理由です。

IT企業の新人研修のカリキュラムとしても導入されている実績があり、プログラミングスクールの中で間違いなくトップクラスのスクールです。

コードキャンプには無料体験レッスンがあるので、まずは気軽に受けてみてください!

気軽にできる無料体験はこちらのページから

 

よろしければシェアをお願いします。