現役プログラマーが選ぶ!おすすめプログラミングスクール

おすすめのプログラミングスクール

  • プログラミングの知識を学びたい!
  • ITに詳しくなりたい!
  • WEBサービスやスマホアプリを開発したい!

といっても、具体的に何から勉強すればいいのかわからない・自分で勉強(独学)して仕事で使える技術が身につくのか?と迷ったり悩んではいませんか?

プログラミングの知識を独学で学びたいなら、ぜひプログラミングスクールを活用することをおすすめします!

当サイトは、現役プログラマーである管理人が、今おすすめの最新プログラミングスクールをご紹介します。

実際にプログラミングスクールでプログラミングスキルを学び、プログラマーとして転職した経験があるからこそ、あなたにピッタリのプログラミングスクールが紹介できるはずです。

スクールのメリット・デメリット・料金・学べる言語・カリキュラム(授業内容)などを全て調べて比較してます。プログラミングを学びたい方は、ぜひご参考にしてみてください。

人気プログラミングスクールの比較

人気のあるプログラミングスクールの学べるスキル・費用・形式を比較しました。

学べるスキル レッスン形式 教材の質 講師の質 費用
テックアカデミー
TechAcademy
WEB
スマホアプリ
デザイン
汎用PG
初心者
オンライン
コードキャンプ
CodeCamp
WEB
スマホアプリ
デザイン
オンライン
テックキャンプ
TECH::CAMP
WEB
スマホアプリ
デザイン
VR・3D
AI(人工知能)
オンライン
or
教室
ウェブキャンプ
WebCamp
WEB オンライン
or
教室

それぞれの項目を比較してみます。

学べるプログラミングスキルの比較

学べるスキルの多さで言えばテックアカデミー、コードキャンプです。WEB・スマホアプリ・デザインなど多様なコースから自分に合ったコースが選べます。

テックキャンプなら最新の技術であるVRやAIの入門知識のコースがあります。

WEBサービス・WEBアプリで特化するならWebキャンプでしょう。

レッスン形式の比較

完全オンラインで学びたいならテックアカデミーかコードキャンプです。教室に通う必要がないので、時間のない社会人や地方に住んで通えない人はオンライン型のスクールがいいでしょう。

教室に通って直接指導を受けたい、グループで学びたいならテックキャンプかWebキャンプです。教室に通えば他の受講生もいるので気合いも入るし習得度は高いです。両校ともオンラインでのサポートもあります。通える範囲に教室があって、対面受講の方がやる気がでるという人におすすめです。

教材の比較

教材の質はテックアカデミーが一番です。実際に受けてみてわかりやすくまとまっているし、口コミの評判も高いです。また、カリキュラム終了後(レッスン終了後)も教材が見れるのは大きな魅力です。

テックキャンプのテキストもわかりやすくて常に更新されていて評価は高いのですが、レッスン期間終了後に教材が見れなくなります。プログラミング自体はレッスン終了後も続けたいはずなので、そこで振り返りとして教材が見れないのはかなりデメリットです。

講師の比較

講師のレベルはテックアカデミーとコードキャンプが高いです。どちらとも現役のプログラマー・エンジニアが講師となってます。実際に仕事の現場で使える生のスキルをわかりやすく教えてくれます。

テックキャンプとWebキャンプはスクールの卒業生や学生(プログラミングを専門とする学校)が多いです。知識は間違いなくあるのですが、こちらの質問に対して的を得てない回答があるなど、対応にやや不安があります。

費用の比較

費用はコースや期間によって様々なので一概に比較はできませんが、同じようなコース・期間で比較した場合、テックキャンプ・Webキャンプが最も安いです。

とはいえ各社数千円の違いで大きな差はありません。どちらにしても有料のプログラミングスクールの時点である程度費用は発生するので、そのほかのポイントで比較して選ぶのがよいでしょう。

※なお完全無料で学べるプログラミングスクールもありますが、プログラミングスクールで学んだ後に就職することが前提となります。
無料で学べるプログラミングスクールのまとめはこちら

おすすめNo.1!必ず身につくプログラミングスクール

人気のプログラミングスクールを比較しましたが、その中でも一番のおすすめは「テックアカデミー(TechAcademy)」です。

テックアカデミー

レベルの高い現役プログラマー・エンジニアが講師となってマンツーマンで教えてくれるオンラインスクールで、短期間で仕事でも通用するプログラミングスキルが身につくことが最大の特徴です。

オンラインで全て完結するので、忙しくて教室に通えない人も、教室に通うのが億劫だという人も簡単にプログラミングを学ぶことができます。

また、実戦(仕事)に限りなく近い流れでアプリケーションやサービスを作ることで、転職・就職でも有利になり、働きだしてからも即戦力として活躍できるスキルが身につきます。もちろん僕自身がテックアカデミーで学んでプログラマーとして転職を成功させた経験があるからこそのおすすめでもあります。

正式な入会前に体験できる無料体験もあるので、プログラミングスクールで短期間に確実なスキルをつけたい人は、ぜひまずは無料体験をしてみてください。

テックアカデミーの詳細については以下のページで詳しくまとめてあります。実際にテックアカデミーで勉強してプログラマーになった僕視点の情報もあるので合わせて読んでみてください。

テックアカデミーの無料体験をすぐに試してみたいという方は以下から。

テックアカデミーの無料体験をすぐに試してみたい方はコチラ

 

なぜプログラミングスクールをすすめるのか?

これは、僕自身がプログラミングスクールでプログラミングを学び、実際にプログラマーとしてIT企業に転職できた経験があるからなのですが。。。

それは別として、

プログラミングって、実はそんなに難しいことではないんです。

テレビやドラマで天才プログラマー(開発者)が出てきますよね。プログラミング言語(コード)を見ただけで一瞬で処理内容(ロジック)を理解してしまうような。

でも、天才プログラマーなんて文字通り「天才」で、実際に仕事として働いている人の中では本当にごく一部。プログラミングに理系脳も文系脳も関係ありません。実際、現場で働いているプログラマー・エンジニアには、文系出身で数学や計算が苦手という人はたくさんいます。

プログラミングスキルの差は、プログラム言語を知ってるかどうかの差です。

英語の英単語や国語の漢字のように、プログラム言語を勉強して覚えれば、だれでもプログラミングはできるんです。

でも、独学でも勉強できるのに、なんでプログラミングスクールをすすめるの?

それは、仕事や職場など「実戦」で通用するスキルを身につけるためには、実際にサービスやアプリを開発した経験と仕事としての実戦経験が必要だからです。

実戦経験は独学では学べません。

できるだけ実戦形式で学べるのがプログラミングスクールです。

実際にサービスやアプリを作ってみたり、場合によってはそれをプログラミングのコンテストに出展します。それを現役のプログラマー・エンジニアがマンツーマンで指導してくれます。

だから短期間で仕事で通用するレベルのプログラミングスキルが身につくんです。

どんなメリットがあるのか?

プログラミングスクールをおすすめする理由でも少し書きましたが、最大のメリットは「実戦形式を通して、仕事で通用するレベルのプログラミングスキルが身につくこと」です。

その他にも

  • 数ヶ月という短期間でプログラミングをマスターできる
  • 効率の良いカリキュラムで最短ルートで学習できる(無駄がない)
  • 個人の能力に応じた学習計画・課題を考えてくれる
  • 現役のプログラマー・エンジニアがサポートしてくれる
  • 疑問・質問の正確な回答がリアルタイムでわかる
  • マンツーマンでサポートされることでサボらない!

といったメリットがあります。

プログラミングスクールの選び方

プログラミングを学ぶ目的を明確にする

まずはプログラミングを学ぶ目的を明確にしましょう。

  • 自分でアプリやサービスを作ってみたい
  • 他の業種からプログラマー・エンジニアに転職したい
  • IT業界にいるが、さらならスキルアップを目指したい
  • 次の仕事に必要な学びたいプログラム言語がある
  • 営業でITやプログラムの知識が必要になる

明確な目的がない方
明確な目的はなくて「ぼんやりとプログラミングを学んでみたい」というのでもOK。現在需要がある・これから先需要が増える職業・仕事内容・プログラミング言語から選ぶのもいいでしょう。

参考【2018年最新】おすすめの人気プログラミング言語ランキング!

目的があれば、それに合わせたプログラミングスクール・コース・カリキュラムを選ぶことができます。以下にそれぞれ目的に対して具体的な選び方・おすすめスクールを紹介しているので、ぜひご参考にしてみてください。

自分でアプリやサービスを作ってみたい

WEB・パソコン・スマホで動くアプリやサービスは、全てプログラミングでできています。

プログラマーやエンジニアが、専用のプログラミング言語でコーディングする(プログラムを書く)ことで、アプリやサービスを作り上げていきます。

自分で作ってみたいアプリやサービスがある場合、どのようなサプリやサービスを作りたいかで学ぶべき言語も変わってきます。

WEBアプリ・WEBサービス

WEBアプリ・WEBサービスとは、Chrome、Safari、IEといったWEBブラウザ上で動くアプリやサービスのことです。

Twitter、Facebook、InstagramといったSNSもWEBアプリだし、Amazon、楽天といったECサイト(販売サイト)もWEBアプリで動作しています。

WEBアプリ・WEBサービスは、さまざまなアイディアがあり、仕事としても可能性が大きい分野でもあるので、東京を中心とした若手起業家のベンチャー企業に人気があります。若手が代表・社長になって未来を切り拓いていく!一攫千金の夢がある!といったキラキラしたイメージがありますね。

主なプログラミング言語
  • Ruby
  • Python
  • Java
  • JavaScript
  • PHP

スマホアプリ・ゲームアプリ

バズドラなどiPhoneやAndroidで動作するアプリ、ファイナルファンタジーやドラクエなどプレイステーション(プレステ)で動作するゲームアプリ開発です。

WEBアプリ同様、需要も人気も高い分野で、若い人を中心にスマホアプリ・ゲームアプリの開発者になりたい人も増えています。

スマホアプリについては、全くの素人でも短い期間で作ることができる簡単さがあります。

主なプログラミング言語
  • Java
  • Object C
  • Unity

Windowsアプリ・Macアプリ

WindowsやMacで動作するアプリやサービスです。

若い人を中心にスマホ世代になっているとはいえ、パソコン上で動くサービスやアプリの需要はあります。

会計ソフト・POSレジシステムなど、一般企業の業務を便利にするアプリやサービスは、その業種や会社ごとの需要があり、今現在でも一番需要があり市場も大きい分野となっています。

WEBアプリやスマホアプリが東京の若手ベンチャー企業なら、WindowsアプリやMacアプリは大手IT企業や地方の中小IT企業での開発が盛んです。

主なプログラミング言語
  • C言語
  • C++
  • C#
  • VB、VBA
  • Java
  • Perl

他の業種からプログラマー・エンジニアに転職したい

他の業種からプログラマーやエンジニアに転職したい人は

  • 転職や就職に有利なプログラミングスキル
  • 安定した仕事に就けるプログラミングスキル

という観点から選ぶといいと思います。

もちろん「WEBサービスを開発する会社に勤めたい!」という明確な目標があるのであれば、WEB関連のプログラミングスキルが学べるスクールがよいでしょう。

転職や就職に有利なプログラミングスキル

転職や就職に有利なプログラミングといえば、やはりWEBアプリ・WEBサービス関連のプログラミング技術です。

昨今需要の多い開発は、Chrome・SafariなどWEBブラウザ上で動作するアプリやサービスです。新しいサービスがどんどん生まれるし、アイディアも広がる花形の世界です。

変化の激しい業種でもありますが、ひとつのプログラミング言語、技術を習得すれば応用が効く世界なので、全く他の職種・業界からも短期間で飛び込みやすい世界(技術)です。

安定した仕事に就けるプログラミングスキル

転職・就職を考える時に「安定した仕事・会社」というのはひとつの目安になります。どう転ぶかわからない不安定な世界よりも、できれば安定して稼げる仕事の方がいいですよね。

安定した仕事というのは、イコール「大企業・地方のIT企業」です。

大企業はそのままのとおり安定して高収入が得られます。

もうひとつは地方のIT企業です。

転職活動などをやっているとわかるのですが、地方のIT企業というのは、会社の歴史(沿革)が長く安定した経営をしています。それでいて仕事があり、給料も高いというのが特徴なんです。

大企業や地方のIT企業で需要があるプログラミング言語は以下のとおりです。

大企業に需要のあるプログラミング言語
  • C言語
  • C++
  • Java
  • PHP
  • Perl
  • データベースの知識

さらなるスキルアップを目指したい

IT業界にいても、自分の取得したいプログラミング言語・スキルが効率よく身につくわけではありません。プログラミングの一部、もしくは仕事によっては全く携われない場合もあります。

  • さらなるスキルアップをしたい
  • 基礎から効率的にプログラミングを学びたい

そんな人にも人気があるのがプログラミングスクールです。

個人のレベルに合わせて足りない部分・学びたい部分を効率的に教えてくれるので、短期間でひとつのプログラミング言語を網羅、レベルアップすることができます。

スキルアップしたい人向けのスクールもあるのでご参考にしてみてください。

学びたいプログラミング言語がある

学びたいプログラミング言語がある場合でも、どこのスクールで学ぶかは重要です。

なぜなら、スクールによって得意・不得意なプログラミング言語があるからです。

もちろんプログラミングスクールですから、全く学べないわけではありませんが、できれば期間内で効率よくたくさんの知識を吸収したいですよね。

それぞれの言語に合わせておすすめのスクールを紹介しています。ご参考にしてみてください。

プログラミング言語別の平均年収
プログラミング言語別の平均年収ランキングというものが、ビズリーチの求人サイト「みんなのスタンバイ(外部サイト)」というサイトで発表されています。主要のプログラミング言語について下記の表にまとめたのでご参考にしてみてください。

言語 平均年収 特徴
Scala 626万円 Twitterなど大規模トラフィックなどのシステム構築。汎用性が高い
Python 601万円 データ分析・機械学習向けの言語。人工知能(AI)の普及で需要が急増している
Ruby 562万円 WEBサイト・WEBサービス開発向けの言語。クックパッド、マネーフォワードなどもRubyベース
Java 552万円 WEBサービス、Windowsアプリ、Linux向けプログラムなど汎用性が高い
Perl 551万円 WEBサイト・WEBサービス開発向けの言語。習得が容易で簡単にいろんな機能を実現できる
C言語 538万円 プログラミング言語の基礎とも言うべき言語。古くからある言語で大企業・地方のIT企業で需要あり
JavaScript 536万円 WEBブラウザ上で動作する言語。素人でも習得が容易

営業や仕事でITやプログラムの一般的な知識が必要になる

プログラミングを仕事としなくても、ITやプログラミングの知識が仕事で必要になるという人は多いです。特に営業や社内のIT管理を任せられる管理者です。

何の知識もないところから、いきなりITを扱うサービスや商品の営業を任せられたり、社内のシステム管理・インフラ管理を任せられても大変ですよね。

上記のような人向けの「ITの知識全般を基礎から効率よく学べるカリキュラム」があるプログラミングスクールがあります。

そこで短期間で知識を学んで次の仕事に活かす人や、この基礎講座をきっかけにプログラミングに興味を持って、実際にプログラミングの仕事に就く人もたくさんいます。

また、仕事など関係なく「一からITの基礎知識を学びたい」という人にも人気があります。

無料体験のあるプログラミングスクール

プログラミングスクールでプログラム言語を学びたいけど高い受講料が払えない・・・

学生や転職を目的とした人の中にはこういう人もいると思います。

事実、プログラミングスクールはそれほど安い料金ではありません。僕もプログラミングスクールで1から学び、最終的にIT企業に就職するまでに20万以上かかってます。

そんな受講料がネックで受けられない人におすすめなのが、無料で受講できるプログラミングスクールです。

実績や知名度のない会社ではなく、実績も知名度もある大手のプログラミングスクールが無料受講や無料体験を開催しています。

なぜ無料のプログラミングスクールがあるのか?
無料体験から正規してもらえる自信があったり、転職・就職までをサポートして、就職できた会社から採用費をもらっているためです。詳しくは「【2018年最新】無料で体験できるおすすめプログラミングスクール」をご覧ください。

無料体験や無料受講のあるプログラミングスクールをご紹介します。

まずは受けてみて様子を体験してみたいという方は、ぜひこういったスクールを利用してみてください。どこもしっかりとしたカリキュラムを体験できますよ。

プログラミングスクールの口コミと評判

当サイトのお問い合わせ・ツイッター・Yahoo!知恵袋などから、プログラミングスクールの口コミと評判を集めてみました。

テックアカデミー(TechAcademy)のWEBアプリケーションコースを受講しました。当時は飲食店勤務で、勉強できるのは朝の限られた時間のみ。オンラインで自分の好きな時に受講できるのがよかったです。
教材は初心者にもわかりやすくできていて、メンターと呼ばれる講師も教え方が上手いです。何を質問してもわかりやすく回答してくれました。
今はIT会社に転職してプログラマーとして仕事をしてます。テックアカデミーのカリキュラムが実践に近い内容だったので仕事でもすぐに慣れることができました。
私は12週間プラン(約3ヶ月)のコースでしっかり勉強しました。費用がかかるのがちょっとつらいですが、転職してプログラマーとして稼ぐことができているので、十分元は取れてると感じてます。
-20代・男性・会社員(現在はプログラマーとして勤務)

結婚を機に事務職を退職して、今は0歳の子の面倒を見る主婦です。
妊娠してから「何か在宅でもできる仕事を」と思った時に、WEBサイト制作やデザインの仕事を多く募集していることを知りました。ただ、私にはWEBの知識やデザインの知識はほとんどありませんでした。
そこで、コードキャンプ(CodeCamp)のWEBマスターコースを申込み、HTMLやCSSを1から学ぶことにしました。コードキャンプにした理由は、オンラインで受講できるところ(妊娠して気軽に外出できないので)と、公式サイトが分かりやすかったからです。サイトがわかりやすいなら内容もわかりやすいだろうということで(笑)
初心者の私でもわかりやすく非常に丁寧に勉強することができました。理解しにくい部分もその場で解決できるので無駄な時間が一切なくて、効率的にどんどんスキルが身についていったのが自分でも実感できます。
私は2ヶ月の短期プランを受けましたが、それでもWEBサイトの修正や基礎的なデザインができるほどまで学ぶことができました。今はランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービス(ネットで仕事を受注できるサービス)でWEBサイト制作やデザイン制作のお仕事を受けています。平日のみ1日2,3時間の作業で月5万くらい頂いているので在宅ワークのママとしてはかなり満足してます。
-30代・女性・主婦(在宅で働くワーキングママ)

ノマド生活に憧れて、フリーで仕事を得るためにはプログラミングスキルが必要だと思いウェブキャンプ(WebCamp)にしました。ウェブキャンプにした理由は、Web関係の開発が人気があり需要もあったからです。
主に教室に通って勉強しましたが、マンツーマンで指導してくれた講師がどの人もわかりやすく教えてくれて、理解できずに次へ進むということがなく確実に身になりました。他の受講生がいるのも刺激になりましたね。

今現在は卒業してフリーで仕事をしてますが、正直厳しいです(笑) プログラミングスキルはあるのですが、やはり企業に勤めたりサービスを開発した経験がないと信用がないみたいですね。フリーのプログラマーになるとしたら、プログラミングスクールを卒業した後に一度就職した方が良さそうです。経験や経歴としてアピールできますからね。
-20代・男性・フリープログラマー

プログラミングの仕事の需要は確実に増える!

これからの時代、プログラミングの仕事の需要は確実に増えていきます。

なぜか??

それは、2020年にプログラミングが教育義務化(必修化)となるからです。

今まで中学や高校の一部で扱われていたプログラミング授業が、小学生から必修となります。つまりすべての子どもがプログラミングを学ぶわけです。

プログラミングに携わる人口が増えれば、プログラミングの仕事の需要と供給も増えていきます。

加えて、これからの時代は人工知能(AI)が活躍する時代です。単純作業はすべてAIに取って代わられるとも言われています。

だからこそ、プログラミング技術の習得が必要なんです。

今からプログラミングスキルを身に着けておくことで、未来のIT・AI時代に乗り遅れることなく、時代を1歩先行った恩恵として先行者利益を受けることができるはずです。

  • 小学生でプログラミング授業が必修(義務化)となる
  • AIが普及して単純作業がなくなる時代
  • プログラミングスキルが求められる

最初にも言いましたが、プログラミング言語は誰でも身につけることができます。

知ってるか、知らないかだけの差です。

文系・理系関係ありません。

僕自身、プログラミングスクールに通うまでは、ITの知識はおろか、パソコンのキーボードもまともに打つことができないほど、IT・プログラミングに疎い人でした。

そんな僕でも、プログラミングスクールでプログラミングを学び、無事にIT企業に就職して安定した仕事と高収入をもらっています。

プログラミングを仕事としたいなら、ぜひプログラミングスクールで学んでください。実戦に近い形で学ばないと、仕事で使えるプログラミングスキルは身につきません。

そして、ちょっとでもプログラミングに興味があるなら、まずは無料体験でもいいので受けてみてください。最初の一歩を経験するだけで、考え方が変わるかもしれませんよ。

おすすめプログラミングスクールランキング

内容・料金・口コミ・評判などを総合的に考慮したおすすめのプログラミングスクールランキングをご紹介します!

テックアカデミー(TechAcademy)

テックアカデミー比較

オンラインでプログラミングを学びたいならテックアカデミーです。

  • オンラインによるマンツーマン指導
  • 質の高い現役プログラマーの対応
  • わかりやすい教材(テキスト)と終わってからも使える利便性
  • 教室に通う面倒がない

当サイト管理人である僕自身、プログラミング未経験の状態からテックアカデミーで学び、今はプログラマーとして働いています。実績は間違いありません。

テキストと現役プログラマーの講師陣の質が高いので、効率よく最短ルートでプログラミングスキルを身につけることができます。カリキュラムが終わった後でもテキストを見ることができるのはテックアカデミーだけのメリットです。

オンラインでも仕事で通用するプログラミングスキルは身につきます。

テックアカデミー(TechAcademy)の無料体験申込みはこちら

 

テックキャンプ(TECH::CAMP)

テックキャンプ比較

教室でプログラミングを学びたいならテックキャンプです。

  • 教室でプロの指導を直接受けることができる
  • わからない部分も即座に解決できる
  • 他の生徒も学んでいるためモチベーションと集中力が上がる
  • VR・AIといった最新技術のプログラミングも学べる

WEBサービスや汎用システムなどの人気のプログラミングはもちろん、VRやAIといったこれから需要が伸びる最先端のプログラミングも学べるのがテックキャンプの特徴です。

教室でプログラミングを学ぶので、わからない点・つまってしまった点なども、講師に画面を見てもらいながら直接アドバイスがもらえます。だから短期間でプログラミングが身につくんですね。

テックキャンプ(TECH::CAMP)の無料体験申込みはこちら

 

プロエンジニア(ProEngineer)

プロエンジニア比較

完全無料でプログラミングを学びたいならプロエンジニアです。

  • 入会金・受講料など全てが本当に無料
  • 無料だけど質の高いテキストと講師陣
  • 卒業後のプログラマ就業率96.2%

プログラマやエンジニアとして転職・就職を目標とするプログラミングスクールでIT企業が協賛しています。だから全て無料で受けられるんですね。

無料とはいえ、出資する企業としたらできるだけレベルの高いプログラマーがほしいから、スクールの内容・質も充実しています。短期間で確実にプログラミングスキルを身につけることができますよ。

プロエンジニア(ProEngineer)の無料体験申込みはこちら